ももちゃんの花結び・・・

巡る季節の花の写真を撮っては 癒され、和まされ、幸せな気持ちになっています

白川郷ライトアップ


世界文化遺産 白川郷合掌造り集落
第31回 ライトアップ
                 2017年1月29日撮影
ライトアップDSC_4775





念願だった白川郷ライトアップに行きましたヽ(^o^)丿
水も氷ってDSC_4747_01




写真でしか見たことの無かった世界文化遺産 白川郷ライトアップ
でも・・・私が訪ねたこの日は、が降って、、、。

雨DSC_4770




一週間前は日本各地で大雪!(どか雪!)で被害も出ていたのに・・・
この日は!!
天気予報はだったけれど、雪に変わってくれたら・・・
私としてはいいなぁ~ と思っていたけれど、予報どおりに

雨DSC_4769





冷たい雨じゃなかったけれど、傘をさしての撮影(^_^.)
同じ場所で 色温度など、設定を変えて撮影したのを載せました(^^ゞ
雨DSC_4766





今年からの始まったそうですが、展望台へはシャトルバスでしか行けない。
そのシャトルバスの待ち時間が2時間ほど。。。
私はツアーでの参加だったので、白川郷での滞在時間は約2時間。
展望台へは行けない!!


この写真は、国重和田家のライトアップです~
和田家DSC_4737





着いて写真を撮り始めた時は、小雨でした。
ライトアップDSC_4712





でも、だんだんと雨足が強くなって・・・どしゃ降り状態になりました。
私も傘はさしているものの、自分に傘をさすのじゃなくて、
カメラがなるべく濡れないように、しています。
(冷たい雨じゃなかったので、幸いでした^^;)

雨傘DSC_4754





白飛びしている! と言われたら、そうなのですけれど・・・(^^ゞ
こんな写真しか撮れませんでした。

ライトアップDSC_4728





また、いつの日にか個人で白川郷のライトアップに行って、
展望台からの風景も撮ってみたい!
そう、思う私です(*^。^*)

雨DSC_4752





この写真は雨が写っていませんが、
シャッタースピードの関係で写っていないんだと思います(^^ゞ

氷DSC_4746




この白川郷のライトアップのバスツアーのことは次回に載せたい と思います。
最後まで見てくださって、ありがとうございます








スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/30(月) 22:12:21|
  2. 岐阜県・長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

日本のチロル「下栗の里」

旅行記No.5完結編 日本のチロル下栗の里

 景観の美しさ、自然と暮らしの調和、こうした姿がオーストリアチロル地方に似ていることから
地理学者の市川健夫氏は 下栗を「日本のチロル」と命名しました。

_下栗の里DSC_7080




展望台の方へ進みます
天空の里看板ビューポイントへ



天空の里ビューポイントまでの散策道や展望台は、地元住人の手作りです
_下栗の里募金DSC_7107_下栗の里募金DSC_7096




天空の里ビューポイント展望台
_下栗の里展望台DSC_7086




傾斜角度約40度。世帯数41戸、人口105人 (ガイドさんの説明)
_下栗の里DSC_7081_01




長野県の最南端、稜線で静岡に接する南アルプスを望む、上村の東面傾斜面の
標高700mから1.000mに耕地と家屋が点在する遠山谷を代表する景観をつくり、
気温は夏は涼しく、冬は風も雪も少なく温暖な土地です。

_下栗の里展望台DSC_7083




登山家深田久弥氏は、自らの著書で「下栗ほど美しく平和な山村を私は知らない」と絶賛しています。
_下栗の里DSC_7081




近年では平成21年に「にほんの里100選」の一つに選定されたり、
スタジオジブリがアニメ製作にあたり下栗を取材するなど、
様々なメディアを通じて下栗の里の名が全国的に知られるようになりました。

_下栗の里DSC_7088
(同じような写真ばかりですが、ビューポイント展望台からはこのアングルでしか撮れなくて・・・(^^ゞ)




もらったパンフレットをスキャンしました。折シワがあって見づらいですが。。。
img019.jpg



駐車場に戻ってお昼のお弁当を食べて、次の目的地に出発します
サンセットポイントサンセット風景




車窓からの斜面の写真です~ こんな急斜面で農作業をされていることに頭がさがります。
_下栗の里斜面DSC_7117




知る人ぞ知る人情と癒しの谷 遠山郷
長野県飯田市東部の上村・南信濃地区は、古くより遠山郷と呼ばれています
_下栗の里斜面DSC_7119




遠山郷土館和田城
_遠山郷土館和田城DSC_7120




龍淵寺
遠山氏(中世の豪族)の菩提寺である曹洞宗の寺で、境内には大杉があります
_遠山郷観音大杉DSC_7124




大杉ファミリー 観音大杉
お参りの仕方がちょっと変わっていました(^o^)

一、合掌一拝
一、鈴を鳴らす
一、大杉にしがみつく
一、しめ縄を手に取る
一、合掌一拝

_遠山郷観音大杉DSC_7123記念写真
(私も家族仲良く健康で生活出来るように、お参りしました。 
ツアーで親切にしてくださった方が写真を撮ってくださって、送ってくれました(^O^)





信玄滝 ・ そば処 信玄
武田信玄が一休みをして顔を洗った場所 
_遠山郷信玄滝DSC_7133_遠山郷信玄滝DSC_7134




お城をイメージした建物「そば処信玄」の裏手に滝があります。
_遠山郷信玄滝1DSC_7135





飯田市の水引ドライブインで、マイクロバスから、大阪に帰るための観光バスに乗りかえます。
_水引ドライブインDSC_7143_水引ドライブイン山茶花DSC_7141


今回参加したクラブツーリズムのバスツアー
一度は行きたい!大型バスでは行けない秘境と絶景
日本のチロル「遠山郷・下栗の里」と天空の楽園「ヘブンスそのはら」2日間

お世話をしてくださった、添乗員さん 安全運転をしてくださった中央交通の運転手さん、安曇野タクシーの運転手さん、
親切にしてくださったご夫婦さん、ありがとうございました。 楽しい時間を過ごす事ができました。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/06(金) 23:03:37|
  2. 岐阜県・長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しらびそ高原


旅行記N0.4 遠山郷 しらびそ高原
「ヘブンスそのはら」の雲海とご来光・紅葉を見て、昼神温泉のホテルに戻って朝食をいただいて
安曇野タクシーのマイクロバスに乗って、遠山郷へ向かいます。



しらびそ高原
天の星に手が届きそうな高原は3.000m級の南アルプスそして中央・北アルプスと360度のパノラマが楽しめます。
_しらびそ高原DSC_7003




_しらびそ高原DSC_7022




しらびそ高原看板




_しらびそ高原DSC_7046




ハイランドしらびそ
客室や浴場など、施設内各所から大パノラマが楽しめるレストラン&宿泊施設
_ハイランドしらびそDSC_7014




_しらびそ高原白樺DSC_7034




_しらびそ高原DSC_7039




しらびそ高原から下栗の里へ向かう山道脇に「御池山隕石クレーター」の看板がありました。
・・・日本で唯一 御池山隕石クレーター・・・ビューポイント
道路から、クレーターの全景が見渡せる唯一の場所です。
正面に見える尾根がクレーターの縁になります。


御池山隕石クレーターは直径約900mで、直径約45mの小惑星(隕石のかたまり)
がおよそ2~3万年前に御池山南東斜面に衝突下と憶測されます。
現在、御池山の尾根沿いを中心にクレーター地形の約40%が残っています。

_御池山隕石クレーターDSC_7052



道路沿いの木々は落葉しています。
_しらびそ高原道路DSC_7055




ガードレールが見えます。その道路を走行していきます~
_しらびそ高原道路DSC_7053



下栗の里の駐車場に着きました。
_下栗の里駐車場よりDSC_7113




下栗の里周辺地図
_下栗の里案内図DSC_7066




天空の里ビューポイントの看板
「下栗の里案内人の会」の地元ガイド人の話を駐車場で聞いて、散策に向かいます。
_ビューポイント看板DSC_7065



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/11/05(木) 22:53:38|
  2. 岐阜県・長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天空の楽園「ヘブンスそのはら」

旅行記No.3 天空の楽園「富士見台高原・ヘブンスそのはら

クラブツーリズムのパンフレットに載っていたヘブンスそのはらの写真。
満天の星・ご来光雲海紅葉
とても興味を持っていました。


大阪を出発する時には 曇・雨の予報だったけど、
外れてくれてラッキー!



ヘブンスそのはらの展望台からのご来光
_ご来光DSC_6943




ご来光の前後を時間を経るごとに・・・。
_日の出前DSC_6889



南アルプスの稜線から昇る朝陽を見たかったけど・・・
雲が流れていく~

_日の出前DSC_6896




雲があるのも、また良しかも(^◇^)
_ご来光DSC_6910



展望台の木々は落葉していていたけれど、枝ぶりがよくっわかっていいかも。
昇り始めた太陽が全形を見せてくれました

_日の出DSC_6916



昇陽
ヘブンスそのはらの昇陽率は91.6% 
     パンフレットより
_ご来光DSC_6938



ヘブンスそのはらの展望台へは標高800mの山麓駅からゴンドラに乗って
標高1.400mの山頂駅に行きます。(15分)
そこから遊歩道を5分程歩いてセンターハウス前の展望台リフトに乗ります。
標高1.600mの展望台

_ご来光展望台DSC_6944




集合時間があるので、展望台をあとにしてリフト乗り場へ向かいます
_ご来光後の雲DSC_6958




リフトに乗って見える景色も素晴らしい!
_ご来光後の雲DSC_6960




雲海とは・・・
雲の海に山々が島のように浮かんでいるように見えることから雲海と呼ばれています。
夜半に山間部を低気圧が通過し温度が高くなったとき、放射冷却によって地表面が冷え、
熱が上空に逃げて冷やされる事で空気中の水分が霧となって発生し、
盆地状地形や谷沿いの底に溜まる現象です。

_雲海DSC_6963




雲海率65.8%
伊那谷は典型的な盆地地帯です。
秋から冬にかけて朝方地表が朝霧で乳白色に被われるのは、この地方の風物詩でもあります。
昨年までの天候データにより、素晴らしい自然現象に出会える確率を割り出しました。

_雲海DSC_6964



マウンテンロッジ周辺には記念写真を撮るためのハート型などがありました
_看板ハート型DSC_6979_看板恋人の聖地DSC_6985




ヘブンスそのはら 園内マップ
_園内マップDSC_6981




展望台リフト乗り場、ゴンドラ山頂駅
_看板リフト乗り場DSC_6969_看板山頂駅DSC_6983




環境省認定 標高1.400m 日本一の星空
環境省が実施する全国星空継続観察で星が最も輝いて見える場所の第一位にも選ばれた満天の星空

ゴンドラ山麓駅で5時30分の運行開始を待っている時に、満天の星空を見ることが出来ました。
写真を撮ろうかな~ と思っていると、「ゴンドラを20分から運行します。」と。
で、星空の写真を撮る時間がなくなっちゃいました(^^ゞ
早く展望台に着いて、昇陽前からの空の移り変わりを見たかったから。。。

_星空案内DSC_6986




ゴンドラの中からの写真で、キズがある窓が朝陽をおもしろく光らせました(*^_^*)
_ゴンドラからDSC_6988




ゴンドラから見た紅葉
上る時には星空が見えて、下る時には朝陽と山々の紅葉が見れました

_ゴンドラから山DSC_6994


ホテルに戻って朝食をいただいて、次は天空の里「遠山郷・下栗の里」へ向かいます。





テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/31(土) 10:30:03|
  2. 岐阜県・長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

付知峡(つけちきょう)

旅行記No.2:付知峡(つけちきょう)=岐阜県


付知峡(つけちきょう):不動滝の駐車場から
_駐車場山DSC_6812





不動滝入口
「森林浴の森日本100選」「岐阜県の名水50選」

_不動滝入口DSC_6767




滝の方へ歩きます~この日の不動滝は水量が少なかったです。
不動滝へ
不動滝仙樽の滝看板_不動滝DSC_6772




「不動滝」と書かれている所。          みんながのぞき込んでいる所から見た滝
_不動滝看板DSC_6774_不動滝見下ろすDSC_6775




仙樽の滝の方へ歩きます。短いつり橋ですが、注意書きがありました。
「吊り橋をゆすらないで下さい。3人以上同時に渡らないで下さい」

つり橋注意点仙樽の滝看板




仙樽の滝へ向かう散策道は通行止めなので、東屋から右に歩いて そこに架かる吊り橋  
仙樽の滝注意_仙樽の滝DSC_6783_仙樽の滝つり橋見上げるDSC_6787




仙樽の滝へ向かう途中の吊り橋
_仙樽の滝つり橋紅葉DSC_6791




集合時間が気になり、上の写真の吊り橋から引き返します。
先ほど渡ってきた短い吊り橋とその吊り橋から下を見ました。
_仙樽の滝つり橋渡るDSC_6795_仙樽の滝つり橋上からDSC_6796




不動滝入口の横にあるお土産店には吊るし柿が・・・ いつ頃食べ頃になるのかなぁ~
_つるし柿DSC_6799




集合時間にちょっとだけ時間があったので駐車場の黄葉したイチョウを。
_駐車場イチョウDSC_6808




秋の付知峡(つけちきょう)は清流と紅葉のコラボがみごとでパワーをもらえるそうですが、
観光バスの車窓からはなかなかシャッターチャンスが無くて・・・ 
目では楽しみましたが(*^^)v
駐車場から、変化する雲と山を楽しみました。

_駐車場所DSC_6818




車窓からは「龍」のような形も雲も見えたりしていたのですが、この時はその形の雲も無くなっていました(^^ゞ
_雲DSC_6802




今夜の宿泊地の昼神温泉のホテルに着きました。部屋の窓からの風景です~
_ホテルの窓よりDSC_6825




温泉につかって、夕食を済ませて ホテルの外へ。
十五夜前夜だったので、夜空が明るく、
また温泉街の明かりで星は、「満天の星」って感じではなかったです(^_^.)

_ホテル月DSC_6827_ホテル星DSC_6829




ホテル前からの夜空
_ホテル夜空DSC_6836


明日は、「富士見台高原・ヘブンスそのはら」からのご来光・雲海・紅葉を観に行きます。
大阪出発前の天気予報では、曇・雨 だったのですが、ずれ込んでいるようで 晴れ の予報にかわりました。
今夜は早めに寝て、明日を楽しみに。。。(^_-)-☆




テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/30(金) 22:48:30|
  2. 岐阜県・長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

ももちゃん7

Author:ももちゃん7
写真を始めたばかり・・・
カメラを持って出かけ、
季節を感じ 
心なごみ 
幸せを感じ・・・
自己満足にひたっている私です

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

野鳥 (118)
山野草 (23)
京都 (69)
神社仏閣 (13)
お祭り (5)
京都の秋・紅葉・コスモス・フジバカマ (15)
京都の春・桜・ツツジ (25)
京都の夏・川床・ききょうの花 (4)
京都の冬・花灯路 (3)
日本の里 (2)
北山友禅菊 (1)
大阪 (109)
街・夜景・イルミ・夕日 (30)
大阪城公園 (11)
造幣局桜の通り抜け (3)
久宝寺緑地 (5)
花の文化園 (4)
長居植物園 (12)
万博公園 (3)
リサイクル環境公園 (3)
服部緑地公園 (2)
鶴見緑地公園 (4)
中之島公園 (2)
城北公園 (1)
桜の花 (4)
枚岡梅林 (1)
樹氷 金剛山 (1)
寺社・シュウカイドウの花・ジャカランダの花 (7)
お祭り だんじり (6)
春 (6)
グルメ (3)
和歌山県 (36)
桃山町(桃源郷) (10)
風物詩 (3)
ひまわりと列車 (2)
紀ノ川 (2)
花 (14)
棚田 (1)
祭り (1)
有田市 (1)
奈良 (86)
春 桜 梅 (39)
夏 (17)
秋 (27)
冬・若草山山焼き (3)
茨城県 (33)
水戸エリア (6)
偕楽園 (3)
千波湖 (8)
奥久慈エリア (1)
つくばエリア (3)
北茨城・日立エリア (3)
大洗・ひたちなかエリア (4)
鹿嶋・潮来エリア (2)
ひたち海浜公園 (2)
空港 (1)
栃木県・那須高原・温泉・白鳥など (27)
日光 (7)
小田代ヶ原 (1)
奥日光 (8)
福島県 (9)
南会津 (2)
会津若松 (2)
裏磐梯 (3)
神戸・兵庫(花・紅葉・高原・空港・グルメなど) (42)
六甲高山植物園 (13)
神戸花鳥園 (5)
三重県(曽爾高原)・(三多気の桜) (9)
伊勢 (4)
赤目四十八滝 (2)
滋賀県 (28)
蒸気機関車 (2)
鳥取・広島・山口 (1)
安芸の宮島 (4)
鳥取 (6)
島根県 (2)
愛知県・名古屋 (7)
紅葉・香嵐渓  (1)
四国 (1)
関東  (4)
御岳山 レンゲショウマ (3)
手作り (2)
ブルーインパルス (1)
岐阜県・長野県 (6)
兵庫県豊岡市 (3)
兵庫県朝来市 (3)
未分類 (1)
岡山県 (7)
昆虫 (0)

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる