ももちゃんの花結び・・・

巡る季節の花の写真を撮っては 癒され、和まされ、幸せな気持ちになっています

筑波山から見えた富士山

筑波山神社手前から見えた富士山。(富士山を見ると、なんとなく嬉しい~ )^o^(  気持になる私。。。)
望遠レンズを付けて撮り、拡大しました(^^ゞ

DSC_0742富士山3

DSC_0741富士山2


スカイツリーも見えます
DSC_0602スカイツリー2

靄がかかっています
DSC_0747スカイツリーと靄


富士山スカイツリーが見れて、ウキウキしながら、
筑波山男体山)でハイキングを楽しみました。
自然研究路筑波山の自然と親しむようにつくられた全長1.471mの遊歩道)を歩いて来ました。


お天気もよく、ケーブルカーの筑波山頂駅がある御幸ヶ原からの眺めは きれい~(●^o^●)
DSC_0809御幸が原1


形のいい山、雪が積もった山が見え、「あれ、もしかしたら・・日光の男体山??」ってつぶやいていたら、
近くにいた人が、「そうそう、あれ男体山で、雪がかぶっているのは白根山だよ。」って教えてくれました(^。^)

DSC_0825日光白根山2


これからハイキングに向かう男体山です
DSC_0819男体山3


DSC_0832矢印4DSC_0833歩道5


岩場も登ります~
DSC_0834登ります6


岩場を登ると、休憩所もあり、景色を眺めることができます。
DSC01664頂上付近21DSC01674頂上付近26

DSC01675頂上付近26-1


男体山頂にある 筑波山神社男体山御本殿
DSC01665御本殿22DSC_0849ご本殿9


記念撮影(^。^)
DSC_0839男体山御本殿DSC_0868記念撮影私7


山頂から、富士山も見えました~(●^o^●)
ちょうど隣にいたご婦人の方が、「私、何度も筑波山に登っているけど、、、富士山が見えたのは今日がはじめて!!」っておっしゃっていました。
私・・・初めての筑波山なのに、富士山が見えて、ラッキー!!

DSC_0856富士山を望む11


DSC_0863富士山を望む12


DSC_0876頂上からの眺め13


頂上をあとにして、自然研究路へとすすみます。
御海(みうみ)という案内板があったのでそちらに向かいました。
距離的に随分歩いた気がするのですが、目的の 御海(みうみ)になかなか着けません(^_^.)
道を間違えたのかなぁ~ と思いながらも進んでいくと、ロープがあり、そこを降りると御海がありました。
ロープを握って降りるのですが・・・
ドンクサイ(関西弁) 私・・・くるっと180度近く身体が廻っちゃいました^_^;
でも、無事でした~

DSC01672御海案内板23DSC01669御海


御海(みうみ)
 約1200年前、名僧徳一上人によって発見されたと伝えられ、親鸞上人が飢餓済度に用いられた霊水で、万病に効くといわれます。

御海のところには、苔が生えた倒木が。。。
DSC01671倒木25


立身石
元来「鎮座石」といい、13才の間宮林蔵が、この場所で立身出世を祈願し、樺太が島であることを発見証明する偉業を成し遂げました。

DSC01677立身石27DSC01682立身石28


ガマガエルの仲間の説明
DSC_0881ガマガエル説明DSC_0884歩道15


紅葉もきれい~
DSC_0888紅葉16


大石かさねの伝説と迷信
DSC_0890伝説と迷信17DSC_0892案内板18


御幸ヶ原には、昭和天皇御歌の碑があります 
はるとらのを ま白き花の 穂にいでて おもしろきかな 筑波山の道DSC_0906天皇御歌


コマ展望台
一階が売店、二階が展望食堂、三階が屋上展望台になっています。
展望食堂で、けんちんそば を食べました。
座っていても、建物が360度回転しているので、景色を楽しむことが出来ます。
DSC_0907コマ展望台20


ケーブルカーの宮脇駅からの富士山
DSC_0698ケーブルカー駅より

時間とともに空の色も変わり・・・
DSC_0700富士山1

三日月も見えます~
DSC_0714富士山と三日月

天候に恵まれ、筑波山(男体山)を楽しむことが出来て幸せでした。




スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/26(水) 12:39:58|
  2. つくばエリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

筑波山に登りました

筑波山に登りました。
今年5月の時は、シャトルバスでロープウエイのつつじヶ丘駅まで行ったのですが、、、
どんよりとした雲が増え。。。風も強くなり。。。
乗ってきたシャトルバスにまた乗って帰ることにしました。
筑波山神社入り口バス停手前から、ヒョウが降って・・・。。。竜巻で被害がでたあの日です。

今回は、快晴の空の下、筑波山に登ることが出来ました。

筑波山神社から女体山頂に登る 白雲橋(しらくもばし)コース[距離:約2.8km 標高差:約610m 所要時間:登り110分/下り95分]
を選びました。

DSC_0641白雲橋コース入り口1

初めての山登り。ワクワク・ドキドキしながら・・・。
登り始めてしばらくは、なだらかな道を登ります。でも、、、登るにつれて、汗をかいてきます。
で、まず、上着を脱ぎ腰に巻いて・・・。 白蛇弁天につく頃には汗・汗でした~



白蛇弁天(はくじゃべんてん)
ここに白蛇が住むといわれ、白蛇を見たものは財をなす といわれます。

DSC_0643ハイキング道2DSC01549白蛇弁天3


頂上を目指して、登っていきます
登ります登ります2


歩き始めて、一時間半ほどでしょうか。
やっと、弁慶茶屋跡 で休憩をしている人達を見て、そして、、そこからの景色を見て。。。
ホッとして、、、。なんという表現がいいのでしょうか?分かりませんが、、、ちょっと心に余裕が出ました~(^。^)
DSC01557休憩所4DSC01558案内板5


DSC_0647休憩所7


記念撮影(*^^)v
DSC_0649私6


ここから、奇岩・怪石が多くあります
パンフレットによれば、弁慶七戻り、高天原、母の胎内くぐり、陰陽石、国割り石、出船入船、裏面大黒、北斗岩、屏風岩、大仏岩、セキレイ石、ガマ石。が御幸ヶ原までの間に点在します。
白蛇弁天は、もうみてきたし・・・。
筑波山には、多くの不思議な場所があり、次々に現れる奇岩・怪石を楽しみながら、登っていきました


弁慶七戻り
古来「石門」といい、聖と俗を分ける門。頭上の岩が落ちそうで弁慶も七戻りしたといわれています。

DSC01569弁慶七戻り8弁慶七戻り私


結構厳しい岩道が。。。
DSC01572岩・根の道9DSC01575岩・根の道10


高天原(たかまがはら)
「神様の世界」を意味し、天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀る稲村神社があります。

DSC01578高天原11DSC01581高天原神社12


母の胎内くぐり(ははのたいないくぐり)
筑波山禅定(修験の行)の行場の一つ。岩を抜けることで、生まれた姿に立ち返ることを意味しています。

DSC01582胎内くぐり13DSC01584胎内くぐり14

私も、母の胎内くぐりをしました。
胎内くぐり私15胎内くぐり私16


陰陽石(いんようせき)
高さ10メートルを越える巨大な石が2つそびえ立ち、陰陽寄り添っているように見えることから呼ばれています。

DSC01588陰陽石DSC01591案内板18


鎖(チェーン)を握って、この岩場を登ります~ 手袋 軍手が要りますね。
DSC01593岩道19DSC01597岩道上20


国割り石(くにわりいし)
往古諸神が集い、この石の上に線を引き、神々の行くべき地方を割りふったといわれています。

DSC01599国割石21DSC01602国割石線21


出船入船(でふねいりふね)
元来「熊野の鳥居石」といわれ船玉神を祀り、石の姿が出船と入船とが並んでいるように見えることから呼ばれています。

DSC01610出船入船23DSC01608出船入船天井24


裏面大黒(りめんだいこく)
大きな袋を背負った大黒様の後ろ姿のように見えることから呼ばれています。

DSC01613裏面大黒26DSC01614渡神社27


きれいな青空~
DSC01595青空23


北斗岩(ほくといわ)
天にそびえたつ岩で、天空に輝く北斗星のように、決して動かないことを意味しています。

DSC01634北斗岩30DSC01630北斗岩アップ32


岩道登ります


屏風岩(びょうぶいわ)
素箋鳴尊(すさのおのみこと)を祀っており、そそりたつ屏風のようにみえることから呼ばれています。

DSC01638屏風岩33


大仏岩(だいぶついわ)
高さ15メートルもあり、下から見上げた形が、大仏が座っているように見えることから呼ばれています。

DSC01639大仏岩34DSC01642大仏岩縦35


女体山(877m)頂上に近づいて来ました~
DSC01646頂上近く36


女体山頂上にある神社
DSC01654女体山神社37DSC01656頂上38


頂上にて
女体山頂上からの景色は素晴らしいもので。。。
感動します~(●^o^●)
私にとって初めての山登り・・・
「しんどいなぁ~」 っておもった途中もあったけど、、、
たくさんの奇岩・怪石も見れたし・・・
なんといっても、この景色は ご褒美!! です



頂上から見える景色
DSC_0650頂上から


霞ヶ浦も見えます~
DSC_0655頂上から


頂上からの風景
DSC_0669頂上から


DSC_0672頂上で記念撮影DSC01658頂上にて39


女体山頂上から、男体山をみる
DSC_0663男体山を臨む


女体山の頂上からの景色を堪能して、ケーブルカーの筑波山頂駅を目指します

セキレイ石
この石の上に鶺鴒(せきれい)が留まり、男女の道を教えたといわれています。

DSC_0680セキレイ石40DSC_0679セキレイ石隣41


ガマ石
元来「雄龍石」といい傍らに「雌龍石」もあり、この場所で永井兵助が、「ガマの油売り口上」を考え出したことでガマ石と呼ばれています。

DSC_0921ガマ石DSC_0916ガマ石アップ


ガマ石に石を投げて、のるとお金持ちにになれるって~(^。^)
10数回試している人もいました~
順番を待って、私も試しました。 三回目で小石をのせることが出来ました(^O^) 
ガマ石に小石をのせて


なだらかな道になりました(^。^)
DSC01620なだらかな道29


ケーブルカーの駅がある 御幸ヶ原から見える景色も、とてもきれいでした。
DSC_0683御幸が原付近








テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/12/10(月) 16:49:49|
  2. つくばエリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑波山ハイキングへ

5月6日、まぶしい朝日で目覚めました。
きっとお天気がいい と決め込んで、
筑波山ハイキングに出発しました。

水戸市からは、公共交通が不便な気がしました。
前もってネットで調べていた
高速バス (TMライナー)で水戸駅からつくばセンターまで行きました。
所要時間:1時間20分 料金:1,000円
つくば駅からは、筑波山シャトルバスでつつじヶ丘まで。
所要時間:50分 料金:850円


DSCF2430.jpg

水戸市を出る時には晴れていた天候が、少し曇ってきていました。
ロープウェイがある、終点のつつじヶ丘に着く頃には、風が強くなってきていました。
とても残念なことに、私が着いた頃には、強風の為、ロープウェイは運休となっていました。
ただ、、山から下りてくる人だけの為には、動いていました。


DSCF2436.jpg
DSCF2437.jpg
DSCN2081筑波山ガマ

仕方なく、ガマの写真や、登山口の写真を数枚だけ撮り、
焼き団子(¥300)を食べ、帰りのシャトルバスの出発時間まで過ごしていました。
バスに乗り、次の停車駅の筑波山神社入り口に着く頃には、
直径1cm位の大きさの ひょう が降ってきました。
バスに当たる音といい、その凄まじさで怖いくらいでした。
登山客を乗せ、下っていくと、、、
その ひょう の大きさがますます大きくなってきました。
直径2cmくらいはあると思いました。

山を降りる頃には、ひょう も止んでいました。
筑波山を後に、大きな道路を走って行くと、渋滞!!
な、なんだろう?
と、みると、竜巻で、家が壊され、その残骸が道路に飛び散って、、、
その片づけを、していました。
壊れた家、倒れかけている電柱。。。


DSCF2438.jpg
DSCF2439.jpg
DSCF2441.jpg

   被害に遭われたかたにお見舞い申し上げます


しばらくすると、片側だけが走行できるようになり、つくば駅に向けて走り出しました。
周辺の道路沿いにあるコンビニや飲食店は、停電の為に、店内は真っ暗な状態でした。


DSCF2442.jpg

つくば駅周辺は、何事もなかったように、
つくば芸術祭が行われていました。
野外で、ジャズや、津軽三味線の演奏など。。。

DSCF2448.jpg

帰る高速バスの時刻まで余裕があったので、筑波駅前のショッピングセンター内にある
ラーメン屋さんで、ラーメンをいただきました。
DSCF2450.jpgDSCF2452.jpg
DSCF2449.jpg
美味しかった~(●^o^●)

バスに乗り つくば市内を出て、(高速道)石岡バス停付近に来ると、
またもや、大きな大きな ひょう が バスに容赦なくたたきつけます。
一般車両は、高速道路に架かる橋の下で、何とか 大きなひょう を避けようと、停車していました。
側道に沢山の車が停車していて、とても危ない状況でした。
その ひょう も水戸市駅前に着く頃には、止みかけていました。

筑波山のハイキングはダメになり、、、
竜巻 と ひょう という 自然災害 異常気象 を目の当たりにした、今日でした。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/05/15(火) 09:09:08|
  2. つくばエリア
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

プロフィール

ももちゃん7

Author:ももちゃん7
写真を始めたばかり・・・
カメラを持って出かけ、
季節を感じ 
心なごみ 
幸せを感じ・・・
自己満足にひたっている私です

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

野鳥 (118)
山野草 (23)
京都 (69)
神社仏閣 (13)
お祭り (5)
京都の秋・紅葉・コスモス・フジバカマ (15)
京都の春・桜・ツツジ (25)
京都の夏・川床・ききょうの花 (4)
京都の冬・花灯路 (3)
日本の里 (2)
北山友禅菊 (1)
大阪 (109)
街・夜景・イルミ・夕日 (30)
大阪城公園 (11)
造幣局桜の通り抜け (3)
久宝寺緑地 (5)
花の文化園 (4)
長居植物園 (12)
万博公園 (3)
リサイクル環境公園 (3)
服部緑地公園 (2)
鶴見緑地公園 (4)
中之島公園 (2)
城北公園 (1)
桜の花 (4)
枚岡梅林 (1)
樹氷 金剛山 (1)
寺社・シュウカイドウの花・ジャカランダの花 (7)
お祭り だんじり (6)
春 (6)
グルメ (3)
和歌山県 (37)
桃山町(桃源郷) (10)
風物詩 (3)
ひまわりと列車 (2)
紀ノ川 (3)
花 (14)
棚田 (1)
祭り (1)
有田市 (1)
奈良 (86)
春 桜 梅 (39)
夏 (17)
秋 (27)
冬・若草山山焼き (3)
茨城県 (33)
水戸エリア (6)
偕楽園 (3)
千波湖 (8)
奥久慈エリア (1)
つくばエリア (3)
北茨城・日立エリア (3)
大洗・ひたちなかエリア (4)
鹿嶋・潮来エリア (2)
ひたち海浜公園 (2)
空港 (1)
栃木県・那須高原・温泉・白鳥など (27)
日光 (7)
小田代ヶ原 (1)
奥日光 (8)
福島県 (9)
南会津 (2)
会津若松 (2)
裏磐梯 (3)
神戸・兵庫(花・紅葉・高原・空港・グルメなど) (42)
六甲高山植物園 (13)
神戸花鳥園 (5)
三重県(曽爾高原)・(三多気の桜) (9)
伊勢 (4)
赤目四十八滝 (2)
滋賀県 (28)
蒸気機関車 (2)
鳥取・広島・山口 (1)
安芸の宮島 (4)
鳥取 (6)
島根県 (2)
愛知県・名古屋 (7)
紅葉・香嵐渓  (1)
四国 (1)
関東  (4)
御岳山 レンゲショウマ (3)
手作り (2)
ブルーインパルス (1)
岐阜県・長野県 (6)
兵庫県豊岡市 (3)
兵庫県朝来市 (3)
未分類 (3)
岡山県 (7)
昆虫 (1)

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる