ももちゃんの花結び・・・

巡る季節の花の写真を撮っては 癒され、和まされ、幸せな気持ちになっています

毘沙門堂門跡(京都市山科区)

JR東海の 「そうだ京都、行こう。」のキャンペーンポスターを見てから行きたかった
晩秋の毘沙門堂を訪ねました。


_毘沙門堂DSC_8601_毘沙門堂DSC_8600




京都のお寺にはめずらしい色使いがされています。
_毘沙門堂DSC_8523_毘沙門堂DSC_8555





色使いや飾りがちょっと日光東照宮に似た感じがした私でした。
_毘沙門堂DSC_8547_毘沙門堂DSC_8548




後西(ごさい)天皇の皇子・公弁法親王(こうべんほっしんのう)が入寺し、以来、
皇族や摂関家(せっかんけ)の子弟が門主を務める「門跡寺院」となった。
天皇家の菊の御紋があります。

_毘沙門堂DSC_8602




本堂前まではご自由にお詣りください
NHKで紹介された「安らぎの庭園」と「動く襖絵」をご覧の方は恐れ入りますが志納金 五百円 をお納めください
と書かれています。

もちろん本堂に入って、僧侶の説明を聞きながら、本殿・霊殿・宸殿へと廻ります。
(撮影禁止なので、パンフレットの写真を。)


天井の龍の絵 
部屋の何処から見ても、龍と眼が合う と言う絵です。
何処にいてもにらみをきかせているぞ! ってことでしょうね。

パンフレット




九老之間襖絵
逆遠近法で描かれているので、正面から見たのと、左側はしから見たのでは、机の長さ・角度が変わります。
(私は何度もふすまの前を行ったり来たりで、その変化を楽しみました。)

毘沙門





鯉の絵
この絵も見る角度によって鯉がスリムだったり、絵の右側から見ると、ちょっとメタボに見えたり・・・
元気よく泳いでいるように見えました(^o^)

鯉




また、どの角度から見ても、鑑賞している人の方向を見ているように見えたり・・・
今ではトリック描写のような襖絵が色々とありました。
それを僧侶が詳しく説明をしてくださいました。
絵心が無い私は、この時代に、このような画法が使われていたことに感激しました。

写真に残す事は撮影禁止なので出来ませんでしたが、
とても素晴らしいふすま絵を観ることが出来て、感銘を受けました。(*^_^*)

bisyamonn.jpg




そして、最後のお部屋でお話を僧侶から聞いて、ふすま絵を見た時に
京都らしい~ と感じました。
パンフレットにもその写真は載っていなかったので、写真はありませんが・・。


そのふすま絵は、梅にウグイスではなくて、梅の花の木にキジ。
笹の葉にはスズメなんでしょうけど、ヒヨドリが描かれています。


ここの部屋に通された人は、親王に会えない ってことです~
何故?って、、、
梅の花には、ウグイスでしょう?それが梅の花の木にとまっているのはキジ。
鳥が合わない! ってことで、取り合わない!ということになります。
京都らしい というか、、、 
ノーと言えない日本人がビジネス界では非難をあびますが・・・
これが、日本人の根源にある言い回しなのでしょうね。
面もって、ダメ!と言わずに・・・その場の雰囲気で気づくことを重視していた 奥ゆかしい(?)日本人の心情。。。


とてもいいことを知った・学んだ。と感じた私でした(*^。^*)




紅葉は、いまひとつでしたが・・・      (晩翠園)

_晩翠園DSC_8529




逆遠近法を使ったふすま絵、毘沙門堂の歴史を知ったとこは、私にとって知識を一つもらった
と、満足感がありました。
           
_ドウダンツツジDSC_8580



今度は、前庭の枝垂れ桜が咲く頃に また訪ねたい と思いました。
そして、JR東海の 「そうだ 京都、行こう。」 のポスターのような真っ赤な紅葉も見たいなぁ~と。。。










スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/14(月) 18:22:18|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

メタセコイア並木(滋賀県高島市)


メタセコイア並木紅葉が見たくて、滋賀県高島市の北部 
マキノスキー場(マキノ高原)の方へ行って来ました。 
                     2015年12月2日
_メタセコイア並木DSC_8351





まっすぐに伸びる延長約2.4km約500本のメタセコイヤが造り出す並木道の対照形の整った景観は、
訪れる人々を魅了する。
四季毎に色を変え、紅葉した並木景観は晩秋にしか見ることのできない絶景。 
         パンフレットより
_マキノ側DSC_8363




朝陽が当たって、きれいです~
_並木からDSC_8409




道路の中央で写真撮影、危ないですよ~!  って思いながら、私もセンターラインで撮っちゃいました(^_^.)
_マキノ側小DSC_8412_マキノ側小DSC_8443




車を停めたところから
_マキノ側DSC_8403




メタセコイア並木から東の方の風景
_並木からDSC_8364




上の写真の場所からメタセコイア並木を見ようと移動したのですが、いまひとつでした。(^^ゞ
代わりに違う場所の並木を撮りました(^.^)

_並木からDSC_8416




並木の南側(ピックランド側)
_ピックランド側DSC_8435




ここを歩いておられる人達もいました。気持ちいいでしょうね。
(私は10mほどしか歩かなかった(^^ゞ)

_ピックランド側DSC_8428




ピックランド側の紅葉はまだ数日かかりそう~
今朝、ここに着いた時は、畑一面に霜が降りていました。
この冷え込みが続いたら 早まるかな?

_並木ピックランド側DSC_8464




2.4kmのメタセコイア並木を全部歩くのは、私にはちょっとムリ~(^.^)
写真を撮って、車で移動して、また写真を撮って移動して・・・。

(このメイン道路には路駐はしていませんよ~ 横道にそれたところに停めました(^^ゞ 道路に停めているのは同じじゃん って(~_~;) 
_ピックランド側DSC_8456




マキノ側(マキノ高原民宿村側)は紅葉していたので、いっぱいシャッターを押しました。
同じような写真ばかりになっていますが、私の思い出に(*^_^*)

_並木DSC_8349_並木DSC_8361








テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/02(水) 22:56:01|
  2. 滋賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

なんじゃもんじゃの木


ちょこっと日帰り旅行No.3 (兵庫県豊岡市出石町奥山)

出石そばをいただいて、さて 何処に行こうか?
パンフレットに載っていた 奥山渓谷にある 「なんじゃもんじゃの木」を見に行く事にしました


_ほたるの里DSC_7682_ほたるの里DSC_7684_ほたるの里DSC_7686





なんじゃもんじゃの木 (俗名 縁結びの木)
植物名:カゴノキ
カゴノキの特徴は、木の皮が丸くはげ落ちてちょうど鹿の子まだらのようになります。
カゴノキは雌雄異株でこの木は雄の木です。
このように大きなカゴノキは大変珍しいものですが、そのうえ
ツバキの大木をふところにしっかりと抱きかかえているのは他で見ることができません。
昔から縁結びのきとして慕われ、徳神社の神木です。

_共存DSC_7702




なんじゃもんじゃの木
_なんじゃもんじゃの木DSC_7687_なんじゃもんじゃの木DSC_7699




カゴノキ                                                 つばき
_カゴノキDSC_7693_さざんかDSC_7689




他にも寄生(共存)している樹がありました。
_共存DSC_7697_共存DSC_7696




ここは「ほたるの里」でもあります。
人工飼育をしている場所が金網で囲まれていました。夏にほたるの乱舞 きれいでしょうね。

_ほたるの里DSC_7681




時間はまだ早かったのですが、帰途につきました。 大阪の街路樹の紅葉も始まっていました
_大阪道路DSC_7704


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2015/12/02(水) 00:51:10|
  2. 兵庫県豊岡市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ももちゃん7

Author:ももちゃん7
写真を始めたばかり・・・
カメラを持って出かけ、
季節を感じ 
心なごみ 
幸せを感じ・・・
自己満足にひたっている私です

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

野鳥 (118)
山野草 (23)
京都 (69)
神社仏閣 (13)
お祭り (5)
京都の秋・紅葉・コスモス・フジバカマ (15)
京都の春・桜・ツツジ (25)
京都の夏・川床・ききょうの花 (4)
京都の冬・花灯路 (3)
日本の里 (2)
北山友禅菊 (1)
大阪 (109)
街・夜景・イルミ・夕日 (30)
大阪城公園 (11)
造幣局桜の通り抜け (3)
久宝寺緑地 (5)
花の文化園 (4)
長居植物園 (12)
万博公園 (3)
リサイクル環境公園 (3)
服部緑地公園 (2)
鶴見緑地公園 (4)
中之島公園 (2)
城北公園 (1)
桜の花 (4)
枚岡梅林 (1)
樹氷 金剛山 (1)
寺社・シュウカイドウの花・ジャカランダの花 (7)
お祭り だんじり (6)
春 (6)
グルメ (3)
和歌山県 (37)
桃山町(桃源郷) (10)
風物詩 (3)
ひまわりと列車 (2)
紀ノ川 (3)
花 (14)
棚田 (1)
祭り (1)
有田市 (1)
奈良 (86)
春 桜 梅 (39)
夏 (17)
秋 (27)
冬・若草山山焼き (3)
茨城県 (33)
水戸エリア (6)
偕楽園 (3)
千波湖 (8)
奥久慈エリア (1)
つくばエリア (3)
北茨城・日立エリア (3)
大洗・ひたちなかエリア (4)
鹿嶋・潮来エリア (2)
ひたち海浜公園 (2)
空港 (1)
栃木県・那須高原・温泉・白鳥など (27)
日光 (7)
小田代ヶ原 (1)
奥日光 (8)
福島県 (9)
南会津 (2)
会津若松 (2)
裏磐梯 (3)
神戸・兵庫(花・紅葉・高原・空港・グルメなど) (42)
六甲高山植物園 (13)
神戸花鳥園 (5)
三重県(曽爾高原)・(三多気の桜) (9)
伊勢 (4)
赤目四十八滝 (2)
滋賀県 (28)
蒸気機関車 (2)
鳥取・広島・山口 (1)
安芸の宮島 (4)
鳥取 (6)
島根県 (2)
愛知県・名古屋 (7)
紅葉・香嵐渓  (1)
四国 (1)
関東  (4)
御岳山 レンゲショウマ (3)
手作り (2)
ブルーインパルス (1)
岐阜県・長野県 (6)
兵庫県豊岡市 (3)
兵庫県朝来市 (3)
未分類 (1)
岡山県 (7)
昆虫 (0)

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる