ももちゃんの花結び・・・

巡る季節の花の写真を撮っては 癒され、和まされ、幸せな気持ちになっています

桃の香りが充満する和歌山県紀の川市桃山町のあらかわの桃

今が旬のを求めて・・・
あらかわの桃」で有名な和歌山県紀の川市桃山町
 (2014年7月25日)

この日は、『清水白』という品種の最盛期!
柔らかい肉質と上品な甘さ。。。
色も白いです~(^◇^)

_桃DSC_0774



_桃DSC_0771



7月初旬の桃は『八幡白鳳』をいただきました。
成長時期には雨がほとんど無くて、とっても甘くて!!・・・

おすそ分けした人から、「あまりにも美味しくて、種までしゃぶっちゃいました~」って言葉をもらいました(*^_^*)

_桃DSC_0212



美味しさを伝えるだけの写真はなかなか撮れませんが・・・。
_桃DSC_0221



今回は、桃山町 あらかわの桃 の事を紹介していきたいと思います。
桃山町には農協をはじめ多くの桃の撰果場がありますが、〇の中に「百」の屋号(?)を持つ 丸百(=まるひゃく)撰果場。
撰果場前にはたくさんの人が行列をつくっています。
自宅用、贈答用の桃を購入するためで、遠くは京都、大阪からも買いに来ています。
かつては国道424号線として交通量が多かった所ですが、今はバイパス道が出来て この道を走る車は少ないです。
わかりにくい場所の撰果場ですが、昔からの常連さんなのか?多くの人。。

_加工桃DSC_0630



多くの撰果場の中からこの〇百(まるひゃく)を選んで来る理由を聞きました。
「他の撰果場にも買いに行ったことがあるけど、桃の味に当たり外れがあって・・。 ここではいつも美味しい桃が買えるから。。」
と言う事でした。

_桃DSC_0636_加工桃DSC_0615



9時から販売がされるのですが、早くから並んでいる人はすぐに買う事が出来ますが、
ちょっと来るのが遅くなると、生産者の人が家で選別したものを持って来るまで待ってなければなりません。
でも安くて美味しい桃を買いたいですものね。

_加工桃DSC_0684



撰果場の中の作業の様子です。
暑い時期の作業なのでたくさんの大型扇風機が並んでいます。
_桃DSC_0648_桃DSC_0676



生産者から運ばれてきた桃を一つ一つコンベアの上に置いていきます。
流れていった桃は大きさごとに分けられます。

_桃DSC_0669_桃DSC_0651



分けられた桃はネットをはかせてもらって、箱に詰められていきます。
_桃DSC_0679_桃DSC_0681



化粧箱に詰められた桃は出荷待ちをします。
_桃DSC_0625_桃DSC_0632



撰果場前の道路です~
_加工桃DSC_0635_加工桃DSC_0633



この桃の撰果場から民家をはさんで紀ノ川堤防までの桃畑
戦争中には、滑走路として使われるために桃の木を全て切られてしまったそうです。
そこからまた桃畑として復活して、今 春にはひと目十万本の”桃源郷”として桃の花が咲きます。




この日の桃畑
この桃たちはいつになったら収穫できるのかな~
_桃DSC_0717



桃を包んでいる袋が違うから、桃の品種も違うんだろうな。
_桃DSC_0697



自然落下した桃。。。                              商品にならない桃が捨てられています
_桃DSC_0705_桃DSC_0766



ここの桃が美味しいのは、堆肥を自分の所で作って畑にまいて、土の管理をしているからなんでしょうね!(*^^)v
_桃DSC_0764_桃DSC_0765



夏の暑い時期の倉庫での作業を少しでも快適にするために、屋根には散水~
扉にはカーテン。
倉庫の中はクーラー。

_桃DSC_0634_桃DSC_0639




生産者の倉庫におじゃましました。
_桃DSC_0621



結束気で桃の箱をくくります。                          隣の市の大学生がアルバイトに来てくれています
_桃DSC_0614_加工桃DSC_0616



傷がある桃は自宅用に買ってもらう為に、撰果場で並んで待ってくれている人達の所へ持って行きます。一箱1.500円です。
_桃DSC_0613_桃DSC_0610_桃DSC_0612



倉庫の片隅に、真っ赤な桃がありました。
この桃は肉質か固く 日持ちがするそうです。
固い桃が好きな私には、ぴったり!)^o^(かも・・・。

_桃DSC_0615



夏に桃の香りが充満する 和歌山県紀の川市桃山町
時期によって、桃の品種もかわり かおり・味を楽しむ事ができます。
6月後半から始まっている桃の収穫、8月のお盆まで収穫されるとおもいます。



春の桃の花 桃源郷の記事は
こちら 
 ↓

桃源郷


スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/27(日) 16:12:28|
  2. 桃山町(桃源郷)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<みなと神戸海上花火大会 | ホーム | 2014年 奈良県葛城市の花火>>

コメント

桃の味

 自宅の裏の畑で桃を2品種「紅博桃」と「ももか」を作っていますが、味に関しては、見た目で判りません。赤いので、これは甘いかなと思っても、期待を裏切られることもあります。
 味に関しては、品種と大きさと生産者か選果場で決めるしかないでしょうね、昨年は、雨が少なく味が良かったのですが、今年は、雨が多く味にばらつきがありました。
 生産者は、毎年美味しい桃作りに取り組んでいると思います。
  1. 2014/07/27(日) 21:06:07 |
  2. URL |
  3. みっき #-
  4. [ 編集 ]

Re: 桃の味

みっきさんへ

うちの近くのお店では見かけない桃の品種名ですね(*^_^*)
「紅博桃」って「白鳳」のように赤みが強いように感じます~
「ももか」は想像できません~(^^ゞ

発酵牛糞堆肥を作って畑に散布したり、
防風ネットで桃がかかる病気を少しでも減らしたり などなど、、
努力されているようです。

天候によって味が左右されるのは農作物の運命でしょうね。

コメントをいただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。


  1. 2014/07/27(日) 21:59:51 |
  2. URL |
  3. ももちゃん7 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://momotoyuri.blog95.fc2.com/tb.php/393-506f3d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ももちゃん7

Author:ももちゃん7
写真を始めたばかり・・・
カメラを持って出かけ、
季節を感じ 
心なごみ 
幸せを感じ・・・
自己満足にひたっている私です

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

野鳥 (120)
山野草 (23)
京都 (69)
神社仏閣 (13)
お祭り (5)
京都の秋・紅葉・コスモス・フジバカマ (15)
京都の春・桜・ツツジ (25)
京都の夏・川床・ききょうの花 (4)
京都の冬・花灯路 (3)
日本の里 (2)
北山友禅菊 (1)
大阪 (109)
街・夜景・イルミ・夕日 (30)
大阪城公園 (11)
造幣局桜の通り抜け (3)
久宝寺緑地 (5)
花の文化園 (4)
長居植物園 (12)
万博公園 (3)
リサイクル環境公園 (3)
服部緑地公園 (2)
鶴見緑地公園 (4)
中之島公園 (2)
城北公園 (1)
桜の花 (4)
枚岡梅林 (1)
樹氷 金剛山 (1)
寺社・シュウカイドウの花・ジャカランダの花 (7)
お祭り だんじり (6)
春 (6)
グルメ (3)
和歌山県 (48)
桃山町(桃源郷) (11)
世界遺産・海岸・海 (7)
風物詩 (3)
ひまわりと列車 (2)
紀ノ川 (3)
花 (15)
棚田 (1)
祭り (1)
和歌山城・寺 (2)
有田市 (1)
奈良 (86)
春 桜 梅 (39)
夏 (17)
秋 (27)
冬・若草山山焼き (3)
茨城県 (33)
水戸エリア (6)
偕楽園 (3)
千波湖 (8)
奥久慈エリア (1)
つくばエリア (3)
北茨城・日立エリア (3)
大洗・ひたちなかエリア (4)
鹿嶋・潮来エリア (2)
ひたち海浜公園 (2)
空港 (1)
栃木県・那須高原・温泉・白鳥など (27)
日光 (7)
小田代ヶ原 (1)
奥日光 (8)
福島県 (9)
南会津 (2)
会津若松 (2)
裏磐梯 (3)
神戸・兵庫(花・紅葉・高原・空港・グルメなど) (56)
ブルーインパルス (1)
淡路島 (7)
兵庫県豊岡市 (3)
六甲高山植物園 (13)
兵庫県朝来市 (3)
神戸花鳥園 (5)
三重県(曽爾高原)・(三多気の桜) (9)
伊勢 (4)
赤目四十八滝 (2)
滋賀県 (28)
蒸気機関車 (2)
鳥取・広島・山口 (5)
安芸の宮島 (4)
鳥取 (6)
岡山県 (7)
島根県 (2)
愛知県・名古屋 (7)
紅葉・香嵐渓  (1)
四国 (7)
小豆島 (6)
関東  (4)
御岳山 レンゲショウマ (3)
岐阜県・長野県 (6)
手作り (2)
昆虫 (1)
未分類 (0)

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる